プロフィール of World in Monochrome

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


©Copyright Hikaru Uchida. All right reserved.

プロフィール (Profile)

内田 光 (Hikaru Uchida)

東京生まれの東京育ち、19歳の時にロンドンに渡英。写真は2006年から撮り始め、直ぐに写真の世界のとりことなる。カラー写真よりも、モノクロ写真にて時代を其のままキャプチャーし、又、人間の感情や情熱、そして人間の欲を鮮明に描写出来ると信じ白黒写真の世界を極める様、写真の勉強に励んでいる。

_-53-Edit-2.jpg

記事

2011

London20Photography20Club.jpgロンドン写真倶楽部結成
友人の田口伸之氏と一緒に2011年に立ち上げたロンドン写真愛好家の倶楽部。現状は登録者も含め60名を超え、約月一回の開催を目指し活動中。

facebook
Web Page


2009

_DSC0006-1.jpgD3s
D3sを日本にて購入。
友人が何とD3を購入したのだが、高感度の映像は信じられない高品質だった。もし、D200をアップグレイドするのであれば、D700かそれとも発売されるD3sを取るか、かなり迷った。2ヶ月以上迷った末に、日本に帰国する予定ができ、発売日とピッタリだった。帰国の途の飛行機中でも未だ迷っていた。実際に秋葉原まで行き、お店に行って決心がつき、購入。「このカメラに失望と言う言葉は無い」この一句が全てを物語っていると言える。現状、時間のある時はこのカメラと時を過ごすことが殆どである。


2008

_DSC2048.jpgD200
D200をロンドンにて購入。
スペイン旅行を計画し、そのホリデー前に自分の彼女に内緒でロンドンのトッテンナム•コートロードで2機目のD200を購入。彼女に隠して購入した時の罪悪感は今でも忘れることが出来ない。第一機のニコンが気に入っていた為、2機目もアップグレードしたかたちだ。写真の質はより一層高く、この性能には自分の彼女も
写真を見てビックリ。スペインでは彼女の写真を撮りまくり、取り合えず修羅場を抜けた。だがその数ヶ月後にD300が発売されるとは、その時には頭も過っていなかったのだ。


2006

_DSC2046.jpgD70s
初めてのDSLR D70sを日本で購入。
同僚がニコンD2xを購入し、そのカメラを見せてもらった時に、その頑丈そうなボディーが頭にこびりついていた。偶々、日本に休暇で一時帰国する時に、デジカメの購入を決心し、ニコンD70sを購入したのがきっかけである。当時はRawフォーマットのことも良くわからず、最初の一年目はJPEGのみで撮影。しかしながら写真の高画質には土肝を抜かれたのを鮮明に覚えている。最初のカメラ故、レンズも35-75mmのみ。挑戦することは全て挑戦したが、自分が写したい写真が何故か取れなかったのである。自分の腕のせいにはせず、新しいカメラの購入を決心。何ともアマチュアな自分がそこに居たのである。